きゅきゅっと小町 きゅきゅっと小町

顔や脚のむくみは、運動不足や塩分の摂り過ぎなどによって引き起こされますよね。


この場合は、運動やマッサージ、生活習慣の改善、また、このサイトで紹介している「きゅきゅっと小町」などのサプリメントでむくみを解消する事ができるわけです。


ですが、むくみって、肝臓の病気によって引き起こされているケースもあるんです。これがちょっと怖いんですよね。なぜかと言うと、肝臓病というのは自覚症状がないからです。


ですので、このページでは、

きゅきゅっと小町
  • 肝臓病だとナゼむくむの?
  • ただのむくみか、肝臓病なのかを見分ける方法
についてお話ししたいと思います。




肝臓病で脚や顔がむくんでしまう?

一見すると、肝臓とむくみって全く関係ないような感じがしますよね? なぜ肝臓病で脚や顔がむくんでしまうのでしょうか?


実は、肝臓では“アルブミン”と呼ばれるタンパク質が作られています。 このアルブミンは肝臓で作られた後、血液中に流れ出します。


アルブミンの仕事は主に2つです。

  • ①栄養分を運ぶ
  • ②水分が血管から外に出ないようにキープする
今回特に注目したいのは②です。 アルブミンは血液中に水分を留める役割をするので、この働きによって、私たちの血液中には一定の水分が保たれ、血液がサラサラになるのですよね。


だから、肝臓で作られるアルブミンは私たちにとって、とっても大事なんです。


で、もし、肝臓病になってしまうと、このアルブミンというタンパク質がちゃんと肝臓で作られなくなります。 このようにして、血液中のアルブミンの量が減ってしまうと、当然、血液中の水分がキープできず、血管から水分が染み出して周辺の細胞の隙間に入り込んでいってしまうわけです。


ですので、細胞が水膨れして、結果むくみが生じてしまうんです。


これが、肝臓病から来るむくみのメカニズムなのですが、厄介なのは、あなたのむくみが肝臓病から引き起こされているむくみなのか?それともただのむくみなのか?見分けるのが難しいんです。


なぜなら、肝臓は「沈黙の臓器」と言われているように、私たちには自覚症状が出にくいので、なかなか気付く事ができないんです。 だから、あなたは自分のむくみが肝臓病から来ているむくみなのか?だたのむくみなのか?をちゃんと見分ける必要があるんです。

きゅきゅっと小町

ただのむくみか肝臓病かを見分ける方法は?

肝臓に疾患が生じてもなかなか自覚症状が出ないのですが、肝臓に疾患があった場合に、表れる典型的な症状は「黄疸(おうだん)」です。


黄疸とは、皮膚や眼球が黄色に変色してしまう症状なんですよね。


肝臓は、古くなった赤血球を壊して胆汁(肝臓で作られる液体で、後に十二指腸に運ばれる)に流し込むという働きがあります。 それで、もし肝臓病になってしまうと、肝臓がちゃんと機能しなくなるので、壊した赤血球で作られるビリルビンという黄色い色素が胆汁ではなく、血液中に流れ出してしまうので、お肌とか眼球とかが黄色に変色してしまうんです。


ですので、念の為チェックしましょう。

きゅきゅっと小町
肌や眼球が何となく黄色いのは、
肝臓病の可能性

むくんだな…と思ったら確認!
でも、実は黄疸になってからでは、かなり肝臓病が進行している可能性があり、手遅れになる可能性もある為、顔や脚がむくみ、かつ、下記の症状も同時に出た場合は、医者で血液検査をしてもらい、肝臓に疾患が無いかを確認した方が良いですね。

きゅきゅっと小町
むくみに加えて、この症状があったらお医者さんへ!
  • 倦怠感
  • 微熱
  • 過度の眠気
  • 体重の減少
  • 肌荒れ・シミが増える
  • 便が白い(脂肪便)
  • 尿が黄褐色
  • 爪が白くなる
  • 赤いクモ状の斑点


もし、顔や脚がむくんで、これらの症状も出ていたら、これは“だたのむくみ”ではない可能性があります。




肝臓病の原因はコレ!

これまで、肝臓病の症状についてお話ししてきましたが、そもそも肝臓病の原因は何なのでしょう?これには大きく分けて3つの原因があります。


ウイルス
実は、肝臓病の原因の80%は肝炎ウイルスによるものなんです。よく、C型肝炎ウィルスとか、B型肝炎ウィルスとか聞いた事ないですか? これらは全部で6種類あって、特に、B型やC型の肝炎ウイルスは血液感染するのですよね。 現在はワクチンなども見つかっていて、治療が可能ですが、早めの処置が必要になります。


アルコール
肝臓病の原因の10%はアルコールの摂り過ぎによるものです。 肝臓はアルコールが体内に入ってくると、アルコールを分解する時に「中性脂肪」が肝臓内に作られるんですよね。


で、アルコールを摂り過ぎると、この中性脂肪が肝臓内に増えてしまい「脂肪肝」になります。


肥満
肝臓病の原因の数パーセントは肥満によるものです。これは単純に、食べ過ぎとか運動不足により脂肪が肝臓内に溜まってしまい、アルコールの摂り過ぎの場合と同様に脂肪肝になってしまいます。


これらが肝臓病の三大原因なんですよね。




普段からむくみのない生活を

これまで、肝臓病が原因でむくみが出る事や、むくみが「ただのむくみ」なのか「肝臓病」なのかを見分ける方法をお話ししてきましたね。 ですので、むくんでいるなと思ったら、これまでお話ししてきた事を是非、思い出して下さいね。


もし、ただのむくみの場合は、このサイトで紹介している「きゅきゅっと小町」を是非使って下さい。 むくみを解消する手段としては、運動やマッサージなどをして、むくみの原因の水分を体外に排出しやすくしなければなりませんが、きゅきゅっと小町であれば、健康的に体内の余分な水分を体外に排出できるので、運動やマッサージをする時間がない人にはピッタリです。 下記のURLからきゅきゅっと小町の公式サイトを確認できます。

>>きゅきゅっと小町を公式サイトで確認する?